事業紹介-非破壊検査部

非破壊検査とは、検査対象物を物理的に破壊・分解せずに、内部の欠陥や表面の微小なきずを検出する検査技術のことです。また、配管の内部の腐食等の検査も非破壊検査に含まれます。

このためには、工業製品や各種設備について、それらの安全性を確認しながら可能な限り長期間にわたって利用することにより、廃棄物を極力減らす努力の積重ねが必要となります。

非破壊試験は、素材からの加工工程及び完成時の製品の検査、設備の建設時の検査などに適用することにより、製品や設備の信頼性を高めて寿命を長くすることに役立っております。

また保守検査の一環として非破壊試験を適用することにより、使用中の設備などを長期にわたって有効に活用することを可能とします。

この結果、廃棄物を少なくして自然環境を維持するために非常に有効な技術です。このように、非破壊試験は社会の安全を確保するための技術の一つであり、今後ますますその重要性が高まると考えております。

非破壊検査の業務内容

  • 各種プラント(発電プラント・化学プラント・造船・橋梁・超高層ビルなど)に供給される装置・機器・材料の製作時から建設時までの各種検査、各種プラントの定期開放時の各種検査及び設備診断
  • 各種プラントの保全工事及び付帯工事
  • 各種プラントの事故・故障時の調査
  • 宇宙航空・自動車部品・新素材等の評価
  • 材料、溶接の物理化学実験
  • 焼鈍工事
  • 地中探査・橋梁・高速道路・高層ビル他の健全性の評価
  • 検査に関するシステム開発及びソフト開発
  • 検査装置の製造・販売ならびにメンテナンス
  • 損害賠償検査制度(非破壊検査職業危険特別約款に基づく保険)適用の検査工事
  • 非破壊検査及び検査業務全般のコンサルタント
  • 非破壊検査技術者の教育・訓練・指導
  • ガードレール支柱根入れ深さ測定

主な非破壊検査方法

  • 目視検査
  • 放射線透過検査
  • 超音波探傷検査
  • 浸透探傷検査
  • 磁粉探傷検査
  • 渦電流探傷検査
  • 漏れ試験
  • 組織検査
  • アコースティック・エミッション
  • サーモグラフィ検査
  • 近赤外分光法

肉厚測定
肉厚測定
PT指示模様
PT指示模様
目視検査
目視検査

「非破壊検査」についてもっと詳しく知りたい方は
[(社)日本非破壊検査工業会HP -非破壊検査とは?-]をごらんください